2013年03月26日

ipad,iphoneで何が出来る? 答えはなんでも出来る! その2/ipad、iphone活用


実際にアプリを紹介しながら説明していきます。



@自宅などのパソコンの遠隔操作、ファイルの受け渡し。


【使用アプリ】

「TeamViewer」「splashtop2」いずれも無料ソフト。これらはそれぞれ用途が異なります。

・「TeamViewer」は外出先でも自宅のパソコンを表示&操作することができます。

・「splashtop2」は同一Wi-Fi環境化でのみ利用可能です。
(自宅のネットにそれぞれ同時に繋いでいるような環境)



いずれもインターネット環境が必要となるわけですが、


使い分け方としては、


例えばマクドナルドの無料Wi-Fiから自宅のパソコンを操作したいときは「TeamViewer」を、


自宅や職場で、寝転んでタブレットから、同じネット環境化にあるパソコンを操作したい場合は「splashtop2」を、という感じです。



【インストール方法】

・AppStoreから上記のアプリをインストール。

・次にリモートアクセスしたいパソコンに、上記のアプリ名でホームページを検索して、そこからソフトをダウンロードし、パソコンにもインストール。

・「splashtop2」の場合は「splashtop2 streamer」というソフトをインストールしましょう。




【設定方法】

・「TeamViewer」の場合はパソコン側のソフト設定画面に表示されていた数字9桁のIDをipadやiphone側のアプリ設定画面に入力。

・次にリモートコントロールをタップすればipadなどからパソコンを操作することが可能になります。IDは記憶させることが可能です。

・「splashtop2」の場合はパソコン側のソフトの画面を立ち上げ好きなパスワードを設定。

・次にipad側のアプリを立ち上げると同一のネット環境下ならパソコン名が表示されているので、そこにパスワードをいれればipadなどからパソコンを操作することが可能になります。



いずれもパソコンもタブレット側もインターネットに繋がっていることとソフトが立ち上がっていることが条件になります。


 


posted by DDE at 20:45| ipadで動画を使い倒す! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。